プリザーブドフラワーのプチルヴァン

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーってどんなものなの?

プリザーブドフラワーとは

 

 

 

 

プリザーブドフラワーって、簡単に説明すると枯れないお花。

 

これは、特殊な液体を使って、生花を脱水、脱色し、そこに色をつけているもの
なんです。

 

花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材をプリザーブドフラワーと呼ぶ。

 

1991年にフランスのヴェルモント社が特許保存技術を発表して、
フローラルデザイナーたちが利用したことにより広まったものです。

 

保存状態がよければ数年はそのままの状態が楽しめます。

 

 

主なプリザーブドブランド 特徴

フロールエバー

専用農園で丹念に育てられたコロンビアフラワーを使用。洗練されたフォルムと透明感、豊富なカラーバリエーションが特徴。花を漂白しないことなどにより、人体や環境の安全性、エコロジーに配慮。
プリマヴェーラ 良質なエクアドル産のローズを使用。シックな色合いと優れた弾力性を持ち、豊富なサイズとカラーバリエーションが特徴。
プリザービング 日本人の嗜好に合わせた明るくやさしい色目が多く、世界の産地から生花を仕入れ加工しているため高品質、安心。
アモローサ

南米エクアドルの自社農園で上質な薔薇のみを使用。
アモローサはスペイン語で「愛」という意味。
ベルベットのような上質感漂う艶やかな大輪が特徴。

 

 

 

 

プリザーブドフラワーの長所は?

 

 

 

  • 水を与える必要がなく、イベント等に向いている。
  •  

  • 生花のような短期劣化はないことで、利用者にストレスを感じさせない。
  •  

  • 生きた植物と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさがある。
  •  

  • 軽い。
  •  

  • 保存環境が良ければ長期に形を維持する。
  •  

  • 花粉アレルギーの心配が無い。

 


ウェディングブーケとして利用できる。
生花ブーケを発注して、挙式後にプリザーブドフラワーにする予定がある場合は、
結婚式でもプリザーブドフラワーを利用すれば手間が省ける。

 

 

 

 

プリザーブドフラワーの短所は?

 

  • 加工していることで、販売価格は高い。
  •  

  • 生花よりも破損しやすい。
  •  

  • 湿気に弱い。
  •  

  • 強い紫外線が当たると、少しずつ退色する。

 

 

 

プリザーブドフラワーの製法

 

新鮮な生花を脱水作用がある脱色液に漬ける

 

→ 花を取り出す

 

→ 潤滑液入り着色液に漬ける

 

→ 花を取り出す

 

→ 乾燥

 

→ 検品して問題がなければ商品

 

液は1度使えば品質は落ちることで、何度も利用はできません。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ